チリ陥落

終焉。

やはりブラ汁は強かった。

チリも 善戦したものの、

ブラジルの試合運び、攻守の切り替えの速さに

終わってみれば 0 - 3 の完敗。

ベスト8にもなると、こんな猛者ばかりが顔を合わせる。

今晩、

いよいよ 日本 vs パラグアイ 戦が行われる。

ドイツ、アルゼンチン、オランダ、ブラジル、ガーナ、ウルグアイ・・

こんな凄い顔ぶれに 日本が入れるか

ビール片手に応援すんべ。( ̄ω ̄)

ドゥンガも名監督の仲間入りだな、こりゃ

| | コメント (2)

ワールドカップ 注目国

ワールドカップ16強が出揃った。

いずれも試合巧者、強豪揃い。

日本は決勝トーナメント1回戦、南米の雄 パラグアイと対戦する。

予選から応援していたチリも 順調に決勝リーグへ駒を進め、

次の対戦国は、

 ブラジルかい

南米同士の戦い。

手の内を知り尽くした相手ほど

やりやすさの反面、やりにくさも沢山あるに違いない。

チリ代表の魅力は、

スペインやブラジル、ポルトガル、オランダetcの影に隠れているが、

サッカー大国にも見劣りのしない攻撃型サッカーにある。

その中核を担うは、

南米屈指の司令塔、マティアス・フェルナンデス。

優勝候補がひしめく南米予選で 得点王に輝いたスアソ、

CSKAモスクワで攻撃陣を引っ張るマルク・ゴンサレス、

さらにはアレクシス・サンチェスと、

予選でブラジルとほぼ同じ得点をたたき出した決定力は大会屈指。

なにより 名将ビエルサが監督としてチームを操る。

高い位置でボールを奪い、組織的に連動しながら素早く攻める。

こんな完成されたチームは 他のチームを通してもなかなか少ない。

決勝トーナメント進出は、当然の結果といえる。

日本vsパラグアイ戦も含め、目の離せない組み合わせが目白押し。

まだまだ眠れない日々が続きそうである。

| | コメント (0)

一騎打ち

日本がオランダに惜敗した。

もう1つの同組、デンマークはカメルーンに勝ち、

次戦、いよいよ本戦リーグ出場をかけて デンマークと相対戦する。

日本のサッカーの特徴は、とにかく走り、

力の大きな相手に組織力で対抗する。

相手チームがボールを持って攻めあがると、

2人、3人と囲い込んで数的優位な状態を作り出し、攻撃の根を摘む。

悲しいが ワールドカップに出場してくるようなメンツとなると、

大抵 日本よりも格上のチームが揃い、

技術や体格差etc 考慮すると とても1対1では対応できない。

そのため、

個よりも組織を優先するパスサッカーは

小柄な日本人の特徴にあった戦術といえる。

しかし、次戦で戦うデンマークは、

お世辞にも相性がいい対戦国とは言い切れない。

デンマークも堅守速攻、組織力に秀でたチームである。

オルセン監督の下(もと) 戦術理解度は他の国の比ではない。

同じ組織力を駆使して戦うチームなのになぜ相性が悪い?

それは、

オルセン監督のサッカーが、ベースが堅守であり、さらに

攻撃の際にはピッチを広く有効に使う戦い方を用いる事にある。

相手がピッチいっぱいに広がり攻めてくると、

どうしても守備陣は拡散され、

数的優位の状態が作りにくくなる。

ここで 個と個の競い合いが生じてくる。

日本の弱点の1つ、

パスセンスのある選手は多いが、

展開を打開できるドリブラーがいない。

この弱点こそが 相性の悪い理由となる。

ひと昔のオランダは

トータルフットボール、全員攻撃、全員守備がモットウで

やはりピッチを広くとり、ダイナミックに攻めていた。

現在の監督は、タレント揃いの前線の4人にボール保有を託し

以前の形態とは少し様相が異なるが、まだ

日本にとってはやりやすい相手だった。 次戦のデンマーク戦は

いろいろな意味での正念場となる。

もちろん、サッカーは相性だけでは語れない。

他国開催のワールドカップで 初の決勝リーグ進出の瞬間を願い

テレビの前で応援したい。 ( ̄ω ̄)←エセ評論家

| | コメント (0)

ベイスターズの本気

2年連続で最下位に低迷した横浜ベイスターズは

読売ジャイアンツより尾花髙夫新監督を迎え

積極果敢にトレードやFA選手を介入し

続々と新しく入団された選手が発表されている。

ロッテマリーンズからエース清水投手、

バレンタイン監督時代、2大正捕手の1人だった橋本捕手、

台湾リーグ 『統一』 から守備に定評のある

メジャーリーグ通算39本塁打のホセ・カスティーヨ内野手、

現役大リーガー、パイレーツのブーチェック投手、

パ・リーグを制覇した日本ハムファイターズの主砲、スレッジ外野手、

さらに右も左も打てる俊足の早川外野手、

その他 中継ぎの柱として期待される坂元投手や

かつて最高勝率のタイトルを奪取した篠原投手など

10人以上の新戦力を補強。

既存の戦力やドラフトの精鋭選手と合わせ、

来期に向けての本気度が伺える。

清水投手、橋本捕手、早川外野手を出したロッテマリーンズは

かなり痛手を負ったが、

韓国代表の主砲 金内野手や現役大リーガーのマーフィー投手、

阪神から今岡選手も入団を予定しており、こちらも目が離せない。

来年の日本シリーズは

 “マリーンズ vs ベイスターズ”

夢の湾岸対決が実現しないかと、

密かに期待している今日この頃である。

| | コメント (0)

松井秀喜選手の去就

ニューヨークヤンキースが

連覇を狙う 強豪フィリーズを退け

9年ぶりのワールドチャンピョンに輝いた。

長い道のりの中、

松井秀喜選手は、一時 怪我で戦列を離れ

特にこの2年間は定位置を保証されない 苦しい期間が続いた。

しかしポストシーズンで13打数8安打 (6割1分5厘) 

3本塁打8打点と大活躍、堂々のMVPに輝き、

噂が後を断たない“放出”へ足止めをかけた形となった。

しかし

このMVPというタイトルが

逆に 放出を早めたのではないかと危惧する。

( ̄ω ̄) ← 似非(えせ)評論家R

ニューヨークヤンキースのGMが

未だ 『松井秀喜残留』 を表明しないのが理由である。

球団からすれば、

松井の年齢はネックである。

さらに 上がる年俸に加え

体に爆弾を抱えてるとなると、

MVPという最高のタイトルを取り 価値のあがった今が

彼の放出の頃合と考えるのは普通である。

球団に齎(もたら)す利益も計り知れない。

きっと首脳陣は

松井選手を放出するか否かで

綱引きを行ってるに違いない。

( ̄ω ̄) ← 似非(えせ)評論家R

このまま大リーグに留まり

更なる飛躍をする姿も見たいが、

先日、阪神入りを表明した城島選手みたく 日本球界に復帰し、

日本でプレーをする姿を見たいという方も 少なくないはずである。

おいら自身、『紳士 松井秀喜』

日本球界を盛り上げてもらいたいと思う1人である。

実は

松井秀喜選手が星陵高校卒業後、読売ジャイアンツへ入団し

ルーキーシーズンに行われた黒潮リーグ(高知県)の最中、

偶然居合わせた高知空港で

サインをせがんだのは おいらです。

ちょうど紙がなくて、結局 持ってた手帳にサインもらったけど、

“ウルトラ” 時間を食ってしもた。( ̄ω ̄)

普通の選手なら まず待ってくれない。 性格の表れである。

ヤンキース残留か 他の大リーグチームへ移籍か 

はたまた国内復帰か

松井秀喜選手の今後の動向に注目である。

| | コメント (0)

サッカーの魅力

現在、天皇杯が行われている。

プロ、アマチュアの垣根を取っ払い

トーナメント方式で日本一のサッカーチームを決める大会。

アマチュアにとって、なかなかプロチームと対戦する機会が少なく、

サッカー界全体を活性させるいい大会である。

Jリーグが発足するかなり前から 海外ではプロのリーグが台頭し、

イギリス・イタリア・ブラジル等、盛り上がり方は尋常ではない。

国内外問わず、

最初のサッカーとの出会いは、さかのぼること うん十年前

東京で学生をしてた頃に東京ドームで見た、オールスター戦だった。

当時、ラモス瑠偉選手の全盛の頃で

長いひげを揺らしながらピッチを走る姿をただ眺めていた。

しかし、正直サッカーのよさが全くわからなかった。

野球と違って全然 点が入らない。

選手がボールを追って右往左往するだけの

退屈なスポーツだと思っていた。

では サッカーの魅力とは何だろう。

人によって答えは千差万別だが

1つは確立されたチームカラーの存在ではないか。

国別はもちろん、各クラブチーム間でも

それぞれスタイルが明確なのだ。

例えば、オランダのサッカーというと

攻撃陣を3人、中盤を4人配置し、

ピッチを広く使ってワイドにパスを回す

超攻撃的なイメージ。

イタリアは、カテナチオ(カギを掛ける)と呼ばれる

鉄壁な守備をメインとした組織的サッカー。

みたいな。

地元アルビレックス新潟は

全員守備、全員攻撃による

カウンターサッカーを身上(しんじょう)とする。

フォーメーションは、

監督の意向が強く反映されるので、

長い歴史の中でチームの特色が変わることもあるが

基本的には クラブ側はカラーに合う監督を招集し

戦術に合った選手を揃え、チームを作っていく。

おいらの場合 ここ(戦術)から入門し

自分に合ったクラブやチームを見つけ

選手の華麗なボール回しや豪快なシュートに見せられて、

気が付くと

 (#゚Д゚)y-~~ オラオラ なに枠外しとんねん

 ヽ(*≧ε≦*)ノ ぉぉぉー!!! リネカー様ぁ(古っ) ウ- モドレマセン

留学中、イギリスのウェンブリースタジアムで

イングランド代表と ポーランド代表の

ワールドカップ ヨーロッパ予選を見た事がある。

まさに芸術といっても過言ではない技術の応酬と、

大声で話しても隣の人の声が届かないほどの臨場感、

何万人という観客全員の足踏みで

スタジアム全体が揺れるあの興奮、

もう虜である。

戦術をかじったあとで

サッカーの真の魅力に触れるなら、

まず 一流といわれる選手や会場を見るのが一番の近道だと思う。

序盤で書いたが、ちょうど天皇杯の真っ最中。

あまたの全国の強豪が集まる大会を通じ、

自分に合ったカラーのチームを探すのも面白い。

| | コメント (2)

オリンピック招致合戦

2016年の夏季五輪の開催地を巡り

招致合戦が熱を帯びてきた。

現在、候補地である4都市

日本(東京)、アメリカ(シカゴ)、

スペイン(マドリード)、ブラジル(リオデジャネイロ)は

それぞれ長所と短所があり、

どの都市が選ばれてもおかしくない状況みたい。

簡単だけど、まとめてみた。( ̄ω ̄)

東京

   長所 (有利な点)

    1次選考では立候補都市中トップの評価。

    メインスタジアムの晴海地区を中心に、

    ほとんどの競技施設は半径8キロ以内。

    都による財政保証。(既に予算確保) 治安のよさ。

    短所 (不利な点)

    都民の関心のなさ。(4都市中最低の世論支持率)

    2度目の開催。交通整備の必要性。選手村の狭さ。

シカゴ

    長所 (有利な点)

    コンパクトな会場計画。(8キロ以内に会場が集中)

    オバマ大統領の支持表明。ミシガン湖畔の美しい立地。

    短所 (不利な点)

    市議会が財政保証をするが 未だ反発も強く

    金融危機による財政面の不安あり。 交通整備。

マドリード

   長所 (有利な点)

    4都市中、最も高い市民の支持率。(84.9%)

    競技施設33箇所中、23箇所が完成。(質の高い計画性)

    サマランチ前会長の地元。

    短所 (不利な点)

    過去2大会連続の欧州開催。

リオデジャネイロ

    長所 (有利な点)

    開催されれば南米初。政府の全面支援。

    IOC評価委員会報告書の高い評価。

    短所 (不利な点)

    治安の悪さ。

    交通網や宿泊施設等のインフラの整備不足。

4都市とも 大きな差はない。

鳩山首相やオバマ大統領etc といった各国の国家元首までが

猛アピールするという異例の事態と化した招致合戦。

誘致できれば 世界中からたくさんの人が集まり、

都市開発や観光収入など

多額な経済効果が期待できるといわれている。

開催都市の発表は、日本時間で10月3日の午前1時すぎ。

投票は、

過半数の票を獲得する都市が出るまで、

最小得票の都市を振るい落としながら続けるみたい。

ここだけの話、東京招致に向け

( ̄ω ̄) 建築関連の株を買っとくといいですよ。

オリンピックの精神が汚(けが)れるわっ

| | コメント (0)

イチローの偉大な記録

先日、

大リーグ シアトルマリナーズのイチロー選手が

デビュー以来 9年連続で200本安打以上

のヒットを記録するという偉業を成し遂げた。

デビューからの連続記録では、大リーグ史上初らしい。

そして もうすぐ

もう1つ新しい記録が生まれる。 盗塁である。

安打同様に 新人から9年間

連続で30盗塁以上を成功させている歴代の名選手は

かのリッキー・ヘンダーソンしかいない。

このR・ヘンダーソンは、生涯通算盗塁数が1406回。

(大リーグ歴代1位) イチローは現在約340回ちょっと。

盗塁総数だけ見れば、イチローはまだ歴代の10傑にも入っていない。

さすがは大リーグ。 上には上がいる。

層の厚さは 怪物達が成し得た輝かしい歴史の深さでもある。

9年連続しかり、連続記録について よく

“技術がすごいから” とか “センスがずば抜けているから”

とか いう人がいる。 あまり表には出ないケド

これは 体が丈夫でないと成し得ない。

伝説級の選手がいたとする。

何千本もヒットを打ち、何千回も盗塁を成功させる。しかし

どんなにヒットを積み重ねても 盗塁をしても、

1度 怪我をしたら、即 ツイエてしまう。

連続記録とはそういうものである。

本塁打王や最多勝 etc 凡人には 決してマネは出来ない。

けど その中で、

  『続けること』

これが1番大変な作業だとおいらは勝手に思う。

そして連続記録を積み重ねた結果、

R・ヘンダーソンのような

大記録を樹立させる偉大な選手が生まれるのだと思う。

あと4つ。

世紀の瞬間まで もうすぐである。

| | コメント (0)

激闘・甲子園

感動で涙が出た。

第91回 全国高校野球選手権決勝。

日本文理高校 vs 中京大中京高校

まさか日本文理高校が

決勝まで残るとは思わなかった。

いつも1・2回戦敗退の新潟県代表が

甲子園の最終戦に立っている。

勝てば日本一。

試合は2対2で迎えた6回裏、

豪打の中京大中京高校は6点を奪い 日本文理を突き放す。

そして

無情の7回裏、

さらに岸壁に突き落とす2点の追加点。

誰もが日本文理高校の負けを確信した。

しかし

選手達には

吹っ切れたようなすがすがしい笑顔があった。

7回表、8回表と1点ずつ コツコツと返し

迎えた最終回、

先頭打者は見逃しの三振。 次のバッターもショートゴロに倒れる。

あとアウト1つ。

もうあとがない。

しかしここから奇跡は起こる。

1番バッター切手選手は 2ストライク3ボール

フルカウントからファーボールを選び進塁。

( ̄д ̄) ぜぇぜぇ 心臓に悪すぎ

続く 高橋選手が二塁打を放ち、これで5点差。

さらに 武石選手はタイムリー三塁打。

点差は4点。 しかし、

依然として 9回2アウトという現実は変わらない。

吉田選手はデットボール。

ここで 中京大中京高校、エースの堂林投手を下げ、

森本投手が本日2度目のマウンドにあがる。

もう どちらも総力戦だ。

5番、高橋選手。

カウントは 2ストライク3ボール。

( ̄д ̄) ぜぇぜぇぜぇ 酸素栗

ファーボール。

そして伊藤選手。 レフト前2点タイムリーヒット!!

気がつけば 2点差。

これ ひょっとすると・・

7番 石塚選手も レフト前タイムリーで1点差。

( ̄д ̄) し・死ぬーぅ

おいおい

9対10 かよ

あれだけあった点差があと1点。 しかも2アウトから。

ランナーは三塁と一塁。

( ̄ω ̄) よし、職人に加工の問い合わせしよっと。

 「やめてくれー!! 迷惑だー」

 「頼むー 絶対恨まれるぞー!!」

スタッフの必死の抵抗にあい、電話かけるのをやめる。

その時だった。

8番 若林選手のバットに快音が響いた。

 カキーン!!

( ̄ω ̄) いったー

 続く。

続くなー ( ̄д ̄

サード方向へライナー性の当たり。

勢いはよかった。

が 打球が正面すぎてしまい、

大激戦に 終止符が打たれた。

日本文理高校の長い夏は終わった。

最後の最後まで鳥肌がたった。

胸の奥から熱いものがあふれ、震えて声が出ない。

よく 最後まで意地を見せてくれた。

甲子園球場に 試合終了のサイレンが響く。

脇で ひらげがのたまった。

「砂 つめるの見ないとね」

新潟の全県民が

大きな拍手で 選手達の背中を見ていたに違いない。

持てる力をすべて出し切った日本文理高校ナインと

見事 優勝された中京大中京高校ナインに

心から

 “感動を ありがとう”

   といいたい。

大晴の進路は決まったな。 *  ̄ ω)ノノ  

| | コメント (0)

熱闘

夏の高校野球

あすの第2試合、午前11時から

新潟県代表の日本文理高校が 甲子園で再登場する。

初戦、香川県代表の藤井学園寒川高校を 4-3 で下し、

石川県代表 日本航空石川高校と相対する。( ̄ω ̄) 強そうだべ

新潟県の予選では、

強力打線が爆発して

決勝    日本文理 12 - 4 中越

準決勝   日本文理 10 - 0 新潟県央工業 (TωT)地元勢

準々決勝 日本文理 10 - 0 高田農業

4回戦   日本文理 8 - 1 佐渡総合

3回戦   日本文理 7 - 0 長岡向陵

2回戦   日本文理 11 - 0 新潟東

   ※ 1回戦はシードのためなし。

と、

圧倒的な破壊力で勝ち抜いてきたが、

チーム結成当初は 貧打に苦しんだという。

監督が手がけたユニークな手法の1つに、

ピッチャーの立ち位置の移動が挙げられる。

普段 ピッチャーが投げる位置よりも 2メートルも前に設定し

打撃練習を行った結果、

どんなタイプのピッチャーにも対応出来るようになったらしい。

普通の事をしていても

みんなと同じ結果に終わるだけ。

人と違ったことをやって

初めて他との差がついてくる。

まさにその教訓を実際に見せてくれたのが

日本文理高校の選手達だと思う。

これからさらなる強豪高との連戦が続くが

持っている力をすべて出し切れさえすれば

自ずと結果がついてくると信じている。

勝敗に関わらず 気持ちのいい戦いを期待してまっす。( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧