« 強運 | トップページ | 群馬県磯部温泉の旅 2 »

群馬県磯部温泉の旅 1 

3週間ぶりに休みをとり

磯辺温泉へ行ってきた。

今回の旅の目的の1つは、群馬サファリパークである。

子供の頃 家族旅行で行った以来だが、

ラクダが車内に顔を入れてきたり、

(注:窓を開ける事は禁止されてます。)

ボンネットに動物がのったりと、

あの時の衝撃がまだ忘れられない。へこみやキズを恐れ、

きっとオヤジは内心穏やかでなかったに違いない。

ETCの土日割引の終了期限も迫り、

1000円で行ける最後の旅行とゆー事もあって

迷わず車で行く事を選択した。楽しい旅の始まりである。

高速道路のインターに着き、ゲートの手前に差し掛かった。

( ̄ω ̄) 大晴、葉琉、いくべ~

 ひらげ 「ゲートがあがるよぉ~ それぇ」

 大 晴 「わぁぁぁぁぁ」

 葉 琉 「ばぶぅ」

奇声をあげ ETCのゲートに入ったその時、

( ̄ω ̄)(・・・・)

ゲートがあがらん。

ETCのヒューズが飛んで、うんともすんとも反応しない。

後続のトラックのクラクションと罵声がこだまし、

横のスピーカーからの係員の声の指示に従い、

チケットを取って ひそやかに高速道路へ侵入した。

1つ勉強になったが、誤作動で例えETCが作動しなくても、

出口でチケットとETCカードを提示すれば、

同じ割引の特典が受けられるらしい。

 大 晴 「ねぇねぇ」

( ̄ω ̄) ん?

 大 晴 「サファリパークでライオンが追いかけてきたら?」

( ̄ω ̄) 食べられちゃうんじゃない

 大 晴 「じゃあ 逃げたら?」

( ̄ω ̄) 逃げても追いかけてくるんじゃない

 大 晴 「じゃあ スピードを出して逃げたら?」

( ̄ω ̄) スピードを出して追いかけてくるんじゃない?

 大 晴 「大晴、おうちに帰るぅぅ」

約3時間をかけて サファリパークに到着した。

この日は この時期にしては珍しく30度以上の猛暑日。

背中が汗ばみ、日差しが眩しい。

群馬サファリパークには遊園地が隣接しており、

大晴の目つきがみるみる変わった。

おそらく同年代の子供には負けない程の経験値はあったが、

考えてみると、遊園地は初めてだった。

小刻みにジャンプしながら 全身で喜びを表している。

ドラゴンという名の乗り物に乗った。

運転直後の回転系乗り物にはさすがにコタエタが、

大晴の喜ぶ顔を見たら、そんな憂いも吹っ飛んでいた。

昼食をとり、サファリパークへ向かった。 続く。

|

« 強運 | トップページ | 群馬県磯部温泉の旅 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。