« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

近況

色石フェアを終え

後処理に追われている今日この頃。あと数日は身動きがとれない。

ご来店頂いた300名近くのお客様には、

感謝の言葉もありません。誠にありがとうございました。(ぺこ)

この時期、正直 かなりしんどい。

毎朝早朝5時には出社、

7月の行事や

8月7日(土)8日(日)に開催するオパールフェアの段取りも含め

(現地で採掘されてる舟屋氏が特別ゲストで来場されます)

本業の仕事だけで全く手が回らないところに

7月末から8月にかけて行われる夏祭りの

景品の買出しや打ち合わせ etc 1日が怒涛の如く過ぎていく。

ほとんど 商工会議所や商店街連合会の会議には出れていない。

さらに近く、第2子が産まれるとあって

時間をやりくりしながら 家事や育児もこなしていかねければならない。

書ける時にブログも書いていくつもりデス。 ( ̄ω ̄) オチなし

| | コメント (2)

ガーデンパーティ

本日、地元の酒飲み仲間(♂)達と

YUKIO・K邸宅の庭でガーデンパーティの予定。

会費は1500円。

ただし、酒は各自で持参。( ̄ω ̄)

ちなみにメニューは

 胡瓜のビール漬け

 イカとズッキーニのマリネ

 季節の焼き魚

 ミニホタテ貝のバター焼き

 焼き茄子

 焼き葱

 豚肩ロース塊肉のグリル

 鶏肉甘醤油漬けのグリル

 韓国風プルコギのグリル

 土鍋(鯛めし)

 トマトのシロップ煮 etc

全部、YUKIO・Kっちが作るらしい。 料理のできる男はカッコいい

ホントは、

八海山の地酒で仕込んだ梅酒を持ってくつもりだったが、

飲んじゃったので 頂き物のスコッチ持ってくべ。

 今日の為のものだったんかい

珍パーティの予感。 またのちほど。( ̄ω ̄)

| | コメント (1)

餃子パーティ

ひらげの誕生日に

ひらげの父殿と母殿を招いて、部屋で餃子パーティをした。

市民プールの帰りにスーパーへ立ち寄り、餃子の皮を40枚購入。

さっそく作業にとりかかる。

20100701161849  これはイカ餃子 ぷちトマトを入れてもうまい!! (←意外)

食材を刻むひらげ。 おいらは生粋の包み職人と化した。

“ムーンサルトダブルアタ~ック” (秘技名)

   \ ( ̄ ^  ̄) /  「ママー餃子回転してるよ-」 「しっ 見ちゃいけません」 

 《解説: 一時的に宙を舞い、両手で餃子の皮を・・》

大晴は包み職人の弟子。

横にちょこんと座り、餃子の皮を両手で広げ、手渡してくれる。

ニラや白菜、ひき肉に加え、

今回は “エビ” “ホタテ” “イカ” を一緒に包み、海鮮餃子に挑戦した。

最後まで集中力を切らさずに、皮を手渡してくれた大晴だが、

途中、「オレにも包ませろ」 と

弟子が親方に楯突いてきた。

\( ̄ω ̄)/ まだ17年と8ヶ月早いわー

波状攻撃をかわし、なんとか40個、餃子ができた。

 大 晴 「ぶぶぶぶぶぶ」

( ̄◇ ̄) 完成ぃした餃子に ツバかけるでぬぁーい!!!!

その晩は、

八海山の原酒で仕込んだ梅酒(結婚式の2次会の賞品)で乾杯し

みんなで誕生日を祝った。 家族はいいものだ。 ( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

市民プールでびゅー

大晴と市民プールへ行った。

何十年ぶりだろう。 ほとんど内装は昔のままである。

20100701121519  昔の面影のまま

20100701122201  奥(緑色)が子供用 2階観覧席より

大晴はプール用おしめを装着。

浮き輪に水泳帽、準備は完璧。

プールに入る前に、幾つか関所を通らねばならない。

そう、消毒槽やシャワーである。

何も知らない無防備な状態で、いきなり

水が一斉に吹き出し、たじろぐ大晴。

いざプールサイドに着いても、

子供用の一番浅いところで 水面が胸の位置。

もはや石像と化している。浮き輪に掴まり50mを何回か往復し、

1時間ほど水に浸かっていたが、

最後は涙目で、

「ママのとこに帰るぅぅ」

大晴は同じ2歳児の子供と比べると、

経験値だけで言えば たぶん他の子供には負けない。

生後6ヶ月で花火大会を真下で体験。

未満児で沖縄を満喫。(おいらは仕事で留守番

タダ(乳児幼児の特権)をいい事に 飛行機は既に6回、

電車やバスはほぼ毎週乗車。親の切符は自分で買う。

さらに 8時間を超えるロングドライブ を2度経験。

家では自分の食べた皿は自ら流しに運び

食器洗いはおいらと並んで手伝う。

毎週30冊、図書館で本を借り

意味のわからないタイミングに空で朗読。(謎)

5メートルの高さの滑り台も 1人でニコニコ滑っている。

金魚の水代えやエサやりはもちろん すべて自分でこなす。

(手づかみで金魚を持って紙コップに移す様は圧巻である。)

「大人になって覚えていない」 からと、

無駄と体験させない親がいるけど、

例え 覚えていなくても、

気づかない内に

徐々に体に蓄積され、確実に感性も養われる。

そして

物事に分別がつく頃、

経験させてない子供達とエラい差がついている。

今回のプール体験も、

少し過酷に思えるが、帰りの車ではすっかり怖さを忘れ、

興奮気味に

プールでの出来事をひらげに話していた。

20100701122054  The たらだ屋

たらだ屋のパンを買い、3人で小腹を満たした後、

スーパーへ買出しに向かった。 ( ̄ω ̄) 餃子パーティへ続く

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »