« 緊急告知!! 黒真珠フェア | トップページ | ワールドカップ 注目国 »

一騎打ち

日本がオランダに惜敗した。

もう1つの同組、デンマークはカメルーンに勝ち、

次戦、いよいよ本戦リーグ出場をかけて デンマークと相対戦する。

日本のサッカーの特徴は、とにかく走り、

力の大きな相手に組織力で対抗する。

相手チームがボールを持って攻めあがると、

2人、3人と囲い込んで数的優位な状態を作り出し、攻撃の根を摘む。

悲しいが ワールドカップに出場してくるようなメンツとなると、

大抵 日本よりも格上のチームが揃い、

技術や体格差etc 考慮すると とても1対1では対応できない。

そのため、

個よりも組織を優先するパスサッカーは

小柄な日本人の特徴にあった戦術といえる。

しかし、次戦で戦うデンマークは、

お世辞にも相性がいい対戦国とは言い切れない。

デンマークも堅守速攻、組織力に秀でたチームである。

オルセン監督の下(もと) 戦術理解度は他の国の比ではない。

同じ組織力を駆使して戦うチームなのになぜ相性が悪い?

それは、

オルセン監督のサッカーが、ベースが堅守であり、さらに

攻撃の際にはピッチを広く有効に使う戦い方を用いる事にある。

相手がピッチいっぱいに広がり攻めてくると、

どうしても守備陣は拡散され、

数的優位の状態が作りにくくなる。

ここで 個と個の競い合いが生じてくる。

日本の弱点の1つ、

パスセンスのある選手は多いが、

展開を打開できるドリブラーがいない。

この弱点こそが 相性の悪い理由となる。

ひと昔のオランダは

トータルフットボール、全員攻撃、全員守備がモットウで

やはりピッチを広くとり、ダイナミックに攻めていた。

現在の監督は、タレント揃いの前線の4人にボール保有を託し

以前の形態とは少し様相が異なるが、まだ

日本にとってはやりやすい相手だった。 次戦のデンマーク戦は

いろいろな意味での正念場となる。

もちろん、サッカーは相性だけでは語れない。

他国開催のワールドカップで 初の決勝リーグ進出の瞬間を願い

テレビの前で応援したい。 ( ̄ω ̄)←エセ評論家

|

« 緊急告知!! 黒真珠フェア | トップページ | ワールドカップ 注目国 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。