« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

祭りのあと

アパートに1通の返信はがきが届いた。

ひらげが見つけ、早速 リビングで読みあげる。

ひらげ 「このたびは・・」

( ̄ω ̄)?

先日、投函したNHKのど自慢出場の合否通知だった。

ひらげ 「誠に恐縮ですが・・」

( ̄ω ̄) 結果はよ言わんかい

今回も 書類選考で落とされてしもた。 これで2度目である。

予選でばっちし歌えるように、

中古のCDを購入し、営業車の中で猛特訓に励んだ日々・・

ひらげから 無情な返信はがきを受け取ると、

急に虎の穴での出来事が、走馬灯の如く甦ってきた。

そう、

あれは、

中古のCDを買って間も無く

クリーニング店で スーツの上下を出した時だった。

出来上がりのスーツを取りに行くと、

カウンターのおばちゃんがのたまった。

おばちゃん 「来店された時に、CDを落としましたよ」

( ̄ω ̄)?

おいらが伺(うかが)った後は 誰もお客が来てないという。

間違いないと、断言するおばちゃん。

おばちゃん 「この“郷ひろみ”のCD、らおうさんのですよね?」

その手にはアルバムが握られており、

プラスチック面が 店のライトに反射して光っていた。

おばちゃん 「郷ひろみのCD、お渡ししましたよ」

( ̄ω ̄) ひろみ、郷・・ です ← ささやかな抵抗

ああ、

そーいえば あんな事もあったな。

あとで聞くと、

ひらげの母殿も 惜しくも漏れたらしい。

過ぎゆく夏の残り香が漂う、夏休み終盤の小学生の気持ちになった。

今、

ちゃぶ台の上に

ポツンと1枚、郷ひろみのCDが置いてある。 祭りは終わった。

| | コメント (0)

“怪盗ロワイヤル”

今の今まで、

携帯電話のゲームには すごく抵抗があった。

何より画面が見づらいし、操作が面倒そうなイメージに加え

いくらパケ放題に入ってても、

さらなる課金が発生するのでは? 系な不安もあった。

たまたま友人から、

モバゲーをしようと誘いがあり、

これも社会勉強の一環と割り切って、登録してみた。

そう、とんがり頭君でおなじみ、テレビCMで沸騰中の

あの 『怪盗ロワイヤル』 である。

結論からいうと、これは正直 中毒になる。

それほどハマる要素が沢山詰まっている。

参加者は盗賊になり、

宝石やワインといったお宝をGETしていく。

いずれも7種類あって、各盗賊たちはそれぞれコンプリートを目指すが、

ミッションをこなすばかりでない処が このゲームの醍醐味。

他(ほか)の盗賊の集めたコレクションを奪う事ができるのである。

盗賊は、

集めたお宝を奪われまいと 武器や防具etcで自身を強化し

時には返り討ちに、そして時には攻めて奪い取る、

そんなリアルタイムな駆け引きが楽しめる。

特にのめり込ませる最大の要因は、仲間の存在である。

自分のレベルによって、組める仲間の数は違うが、

プレーヤーは自由に手を取り合い、

奪われたお宝を取り戻してもらえたり、

逆に 狙い損ねたお宝を、変わりに戦って奪ってくれたり、

さらには武器や防具を譲ったり、連携し合って進めていく事ができる。

ただのコミュニティーとは一線を脱している。

ゲームを始めて1週間、

13人の仲間と 全国のプレーヤー相手に奪い奪われしているが、

百聞は一見にしかず。 一緒に盗賊になって

お宝をGETしませんか?

http://mbga.jp/AFmba256.7x3w24133d2/_r00?_from=r00_mba

(携帯電話からどうぞ)

※ 超強力な武器が手に入るので、登録求ム。m( _ _ )m ひらにぃ 即止め っス

( ̄ω ̄) 追備デス

実際のお金で武器を買い足す事もできるケド

ミッションをこなしていけば、

大抵の強力な武器は手に入りマス。

さらなる課金の心配は NOTHING。 But

パケ放題に入っていない方は あまりお勧めできまへん。

| | コメント (2)

気がつけば

丸一日かけて設営をし

商品を並べ 始まったパールフェアも

あと1日となった。 うんうん

今日最終日かい!?

最後日に告知するのも、なかなかオツ?

19日から4日間の催事も、

いつも思うが あっとゆー間である。

初日から ホントたくさんの方にご来店を頂き、感謝の言葉もない。

娘さんへの真珠のネックレスを探しに来られた方や、

グレー珠を含めた黒真珠のネックレスをお求めに、

ご来場された方が多いのには 少し驚いた。

意外とまだ、真珠のネックレスをお持ちでない方は多い。

赤札商品や目玉商品etc まだまだ沢山あるので

ご興味のある方は、是非お越を。 m( _ _ )m (ぺこ)

期間中に限り、(あと1日ですが

真珠のネックレスの糸替えや ツヤ出しを 無料実施中

他店でお求め頂いたものでもかまいません。

今晩、撤収かぁ・・ (ノω・、) 年寄りにはつらい

以上、インフォメーションでした。 ( ̄ω ̄) ポンポンポンポン♪

| | コメント (0)

瑠璃の島

最近、映画やドラマをよく観ている。

いつ見るかって?

それはもちろん、早朝の5時から。 ( ̄ω ̄) zzz

大晴が起きている時間は まず観れない。

怪獣ミニラが確実に寝静まる頃、おいらも同じく夢の中。

消去法でいくと、

鑑賞時間は 自然と早朝に限られてくる訳である。

朝も暗いうちから 数多(あまた)見たドラマや映画の中で

1つハマったドラマがあった。 『瑠璃の島』 である。

人口数十人しかいない、鳩海(はとみ)島での話。

平均年齢65歳という、高齢にもかかわらず、

島にいる子供はわずか1人。 その子供も島を離れる事になる。

島民は、

島の存亡を掛けて、東京から1人の少女を連れてきた。

彼女が 問題児、瑠璃だった。

島の人達の温かさ、鳩海島の自然に育まれ

彼女と島民のみなさんの成長を綴った作品。

1話に1度は必ず泣ける箇所があり、先日 危うくスルメになりかけた。

おいらがレンタル店で借りる1つの目安は、

何巻にも渡り続くドラマの場合、

後半の巻がより借りられているかを見る。

最終巻の後にスペシャル(外伝)があれば、なおいい。

視聴率の低いドラマは、外伝を作らないだろうから。

たまたま

この条件にはまったドラマが コレだった。

鳩海島が実在するか分からないが、

1度は八重山諸島へ足を運びたくなった。 沖縄っていいな。

| | コメント (0)

39という数字

とうとう

残すところ

あと 364日となった。 39歳まで

そう、

今日12日は おいらの誕生日。

年柄もなく、昨晩 アパートで誕生会が催され

ひらげの父殿にケーキを買ってもらい、

ひらげの母殿からは吟醸酒の差し入れ。

大晴には ロウソクに点いた火をほとんど消されて、

晴れて本日、38歳がスタートした。

昼間、外回りをしていたら 年の話題になった。

( ̄ω ̄) 29歳から30歳になるショックよりも、 39歳から

      40歳になったショックの方がデカいスよね。」

お客さんA 「49歳から50歳になった時のダメージの比じゃないよぅ」

( ̄◇ ̄) ひ・ ひでぶぅ

お客さんB 「いやいや。60歳の時の方がもっと厳しいよ」

( ̄◇ ̄) せ・聖帝サウザよりも強力な突き・・(謎)

来年は、節目の39歳。

少なくても、

“三十路になった時よりも年を経てよかった” と言える年にしたい。

40%オフの葉書を持って、

クリーニング店へ向かう車の中で そんな事を考えていた。

| | コメント (0)

北乃きい

最近、注目している女優がいる。

北乃きい である。

先日、北乃きい主演の映画、“ラブ・ファイト” を観た。

大沢たかおの初監督作品らしい。 話は至って普通だけど、

最初から最後まで幾度となく登場する パンチラシーンが印象に残り、

ある意味 印象深い内容だった。 ( ̄ω ̄)うり? が、

とても伸び伸びとした演技に 光るものを感じ覚えていた。

それまで、北乃きいという女優は全く知らず

映画を観たのも、

正直、大沢たかおと桜井幸子が出てたからに過ぎない。

彼女からは、大先輩 竹内結子や長澤まさみetc

と同じようなオーラが見える。 ( -(●●)- ) じー

大女優が持つ、何かやってくれそうな空気を感じた。

この2月24日に

『サクラサク』 で歌手デビューも果たしたという。

オリコンで7位は凄い。

今後、ますます目の離せない女優の1人である。

| | コメント (0)

中古のCD

外回りの途中、BOOK OFFでCDをGETした。

4月11日に加茂市で行われる “NHKのど自慢” 本選へ向けて、

通称 『虎の穴』、

そう、猛練習の為である。

おいらの申し込みに伴い、ひらげの母殿も参戦を決めた。

( ̄ω ̄) ステージにあがったら お互い敵同士スよ

 母 殿 「・・・・」

以前 のど自慢に出場された人がいて

その人は書類審査を通過し、予選まで進んだ。

予選では、生の演奏を背に 本選と同じ舞台で歌えるらしく

あの気持ちよさが忘れられず、今回も申し込んだという。

しかし、書類審査で 2/3 が落とされて

予選ではさらに 9/10 が振るいに掛けられる。

狭き門をくぐり、

テレビで登場される方は、よほど運がある方々だろう。

腕試しで

ひらげにアカペラを披露した。

 ひらげ 「らおうはうまいけど、選曲 間違えたねぇ」

( ̄ω ̄)(・・・・)

 ひらげ 「単調ってゆーか・・ 最初からガツンといく曲がいいよ」

( ̄ω ̄)(・・・・)

『サビの前に鐘がなる』 と ひらげの見解。

確かに出だしはしっとりした曲調だけど、

そこが 味わいあると思うんだけど・・

 ひらげ 「おかんの方が一歩リード

( ̄◇ ̄) だ・ダメ出し

グランドチャンピョン大会で着る 服の心配して損した。

今日も

外回りの車の中で 中古のCDを流し

大声量で 猛特訓に励んでいる。

いぃ」 あ、 窓 開いてた。

| | コメント (0)

好物と未経験

昨晩は一東会の新年会。

3月に入ってなお 新年会が続くのも、どうしたものか。

付き合いの飲み会も 多いと正直 疲れる。

土産にいちご大福を頂き 帰宅すると、

まだ大晴が起きていた。 寝ているひらげに

“構(かま)え” と ちょっかいを出してる真っ最中だった。

即、おいらの右手にある包みを見つけ、標的を変える。

ニマニマしながら 戦利品を手にし、ご満悦の様子。

安全な場所(謎)まで移動し、

無心に上紙を毟(むし)り始めるが、思うように取れない。

試行錯誤の末、パパの持ってきた、

“たぶんおいしいモノが入った箱” へ向けられた執念が勝り、

ほどなくパンドラの箱は開封された。中から、

白い餅に包まれた ウマそうないちご大福が姿を現す。

 大 晴 「・・・・」

歓喜の奇声をあげると思いきや、

それが何かわからず、ひっくり返すだけ返して

標的を再度 ひらげに変えてしまった。

放置されたいちご大福。

いちごのショートケーキしかり、まんじゅうしかり、

ウルトラ甘いものに目のない大晴が、

射程圏内に転がっている 絶品の大福に全く目を留めず、

その無反応さに 超笑えた。

経験のなさが幸いし、就寝前に甘いものを食べさずに済んだが、

一口食べた後で

昨日の放置プレイを きっと後悔するに違いない。

帰ったら、残ってないだろうな いちご大福・・

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »