« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

報告

早速、

沖縄展での我如古さんとの出会いをひらげに報告した。

1□年前、書店の店長だった我如古さんが、

パティシエになっていて めちゃ驚いていた。

ひらげ 「そ・想像がつかん

( ̄ω ̄) 体型もおいらに似てたよ

ひらげ 「そ・想像がつかん

沖縄へ渡り、

書店で働けるようになって、今も交流のある

親友のかめやん(♀)と 兄貴のように慕っていた我如古さん。

特に 遠い沖縄の地で、知人縁者が1人もいないひらげにとって

心強い存在であり、返せない位の恩を頂いた方だ。

ひらげ 「当時は刺青があってさ、きっとブイブイ言わせてたと思うよ。」

( ̄ω ̄) ブイブイ

屈託のない笑顔と穏やかな口調も含めて

こっち(洋菓子屋)の方が天職でないかと思えるくらい、

帽子と白衣姿がハマっていた。

頂いたシフォンケーキのラベルには、

しっかり店名と、我如古さんの名前が刻まれている。

ひらげ 「ホントにこれ、作ったんだ」

( ̄ω ̄) きっと夢に向かってめちゃめちゃ頑張ったんじゃない?

今回の新潟伊勢丹の沖縄展のように、

よく沖縄県外を営業で回っているという。

なんか少し温かい気持ちになった。

ひらげ 「パティシエぇぇ?!

まだ信じられないようである。

来年は 家族4人で会いに行くべ。(* ̄ω ̄*

| | コメント (0)

大沖縄展

大晴と2人で

新潟伊勢丹の “大沖縄展” へ行ってきた。

ひらげは留守番。( ̄ω ̄)

20100128102243 “大沖縄展”

開店時間の午前10時ちょうどに来館したのに、既に人だらけ。

平日の午前中でこの有様だと 土日は一体どうなるんだろう。

6階フロアには たくさんの出店(でみせ)が犇(ひし)めき合っていた。

真っ先にお目当ての沖縄そばを買い、

“どぅるわかしー” と呼ばれる沖縄版里芋を揚げた、

まかない料理、“どぅる天”を購入。 そして

去年の11月、沖縄 へ赴いた際に食べ損ねた、

まーすやーの雪塩ソフトクリームを堪能し、

JeF でゴーヤバーガーをGET。

既に2度 沖縄を訪れてる大晴は、指笛の音(ね)や

見慣れた三線(さんしん)などを目にし ニマニマしている。

沖縄を知る前のイメージは、小さな島国って感覚しかなかった。

しかし実際訪れて、めちゃ広いのに びっくりした事を思い出す。

高速道路で南北を縦断しても、かるく2・3時間はかかってしまう。

それだけ沢山の うちなんちゅの住む、沖縄。

以前、ひらげから

沖縄で生活してた頃、

TUTAYAのような書店で働いていた話を聞いた。

単身20代前半の女性が1人、沖縄へやってきて仕事を探すものの

何か原因付きと思われ、なかなか職に就けなかったという。

当然 その書店でも断られたらしい。

しかし、再三頼み込み ようやくその店で職に就く事が出来た。

その時、内定をくれた方が、

目の前にいる 我如古(がねこ)さんである。

20100128105230_2 はいさい、我如古です

  

( ̄◇ ̄) ええー

今は宜野湾(ぎのわん)の さんるーむスイーツという店に

いるみたい。風格から店長さんっぽい。

まさか新潟県内の沖縄展で お会い出来るとは思わなかった。

会場の販売員さんは、みな沖縄の方らしい。 さすが伊勢丹。

20100128131130 マンゴーレアチーズ

20100128131445 お土産に頂いたシフォンケーキの数々

頂いたシフォンケーキを開くと、

さんぴん茶シフォンや シークヮーサシフォン、紅芋シフォンなど

ま・さ・に 沖縄三昧。

いろんな話をするには時間がなさすぎる。再会を約束し、

車の中で大晴と どぅる天をほおばって、

奇声をあげながら 岐路に着く。(謎)

また1つ 沖縄へ訪れる楽しみが増えた。 しかし世間は狭いものである。

| | コメント (0)

商店街の理事会

一ノ木戸商店街。

おいら、名ばかりの会計理事だけど

諸先輩方の助力を頂き なんとかやっている。

商店街は その運営にあたり

常会、役員会、理事会、総会など 幾つかの会が施行される。

この日は理事会である。

理事2名が欠席したが、11名の出席で滞りなく会は進行した。

公私に (時間に)追われる日々だが、

こういう会合etcに参加すると、

県や三条市がどんな事を行い、

どういう方向へ進もうとしているか みたいな、

社会の全体の流れがわかるようになる。

この日の第一議題は、

  【新年会の開催について】

“市” 全然関係ないし。

昨年、五十嵐川の土手片面に

芝桜を大々的に植えたが、

5月には記念碑を建てる事となり、その式典の打ち合わせも・・

開催日がまだ確定してないので 次回の理事会に持ち越し。

持ち越しかい。

「あとは飲みながら決めようねかて」

「そうらね」

( ̄ω ̄)(・・・・)

ともあれ、団結し、

こんなに一生懸命頑張っている商店街は少ないと思う。

うー 議事録、早く提出しなきゃ。( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

リニューアル

只今、ホームページ をリニューアルしてます。

最近、手が全然足りなくて

全くホームページの管理まで回らないので

思い切って販売のコーナーを さっくり やめ、

レイアウトも一新する事にしました。

(あと2~3週間は現状のままでいきますが)

数週間後、

お披露目予定っス。 ( ̄ω ̄)ノシ~ びびりますよ

| | コメント (0)

引き出物展

本日、

結婚式場の引き出物の展示会。

丸一日、式場に張り付いて

来館されたカップルのみなさんに指輪の説明をしてます。

昨日、

以前、ご購入頂いた方から電話があり

指輪をなくされて新しい指輪を新調したいとのお話を頂きました。

もちろん会場でも 相談等、承っておりますので

宝石に関する事ならなんでも聞いてください。(ぺこ)

そろそろ出んべ。 ( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

ゼルダの伝説

Yolot 氏から借りたままになっている数ある中の1つに、

ニンテンドーDSソフト 『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』 がある。

最近 ようやく始めたが、これがなかなか面白い。

ゲームに関してが付くほど下手くそなおいらが

そこそこやれるのだから 製作者は凄い。

きっと初心者用に設定されたソフトだろうけど。

只今、

風が強くて進めない土地で漂流中っス。 行き詰った・・

  まだ序盤かい。

攻略にあたり、いいサイトを見つけたので

これから挑戦される方はご参照を。 → コチラ

カセットビジョン の頃から考えたら

信じられない進化である。

問題。 何時代の人でしょう。 (3点)

 ( ̄ω ̄)

幼少の頃、鳥辺の家に入り浸り

物体(木こり)を操縦して

イノシシらしきものを避けながら 木を切っていたのが懐かしい。

てか 実名かい。

対するDSは、コンパクトなサイズなのにフルカラー。

音源もいいし、2画面を全面に使った戦闘は 涙もの。

何より画面に向かいペンをなぞって謎解きをするなんて

 ゚+.゚( ̄  ̄人)゚+.゚ 秀喜 感激 バーモンド

しばらくMyブームは続きそうである。

さすがに1日10分のプレイだと、

エンディングを見れる日は いつになることやら。

| | コメント (0)

至福の瞬間

至福の瞬間はどんな時?

思いつくまま挙げてみる。

雪かきをして 滝のような汗をかき

筋肉も限界、冷え切った直後の風呂。

( ̄ω ̄) はぅぅ じょんのび

ずっと食事がとれない状態で

やっと口に入れたほっかほかのサンマの塩焼き。

( ̄ω ̄) ぱららら

試験の追い込みや仕事の残業で

一夜漬けしたあとの睡眠。

( ̄ω ̄) 至福ぢゃ

何日も何日も

便秘で悩んでたあとの通じ。

( ̄д ̄) ← 経験なし

などなど。人それぞれ、

至福の瞬間は異なるが

ここでふと考えてみた。

至福の瞬間って、

その直前に大きな谷があり

そのギャップが大きいほど

次の瞬間が大きな快感として活きてくる気がする。

我慢や忍耐が、増幅させてくれる。

逆をいえば

至福の瞬間を体感するには、『逆境』 という

それ相応の対貨を支払わなければならない。

起伏のないところには それなりの至福しか訪れず

山あり谷ありの生活にこそ、より顕著に現れるものではないか。

と、最近思うようになってきた。

頑張れた人だけが見ることのできる

そんな至福の瞬間があると信じ

人は進まねばならなぬのである。 ( ̄ω ̄) ひらげガンバレ

| | コメント (0)

重なる日

モノ事は重なるもの。

先日の昼間

とても愛着のある置時計が売れた。

たまたま通りかかった方が、

「外から見える あの置時計をください」

( ̄ω ̄) ぱららら

思わず嫁ぐ娘を持つ 親の気持ちになってしまった。

そして

630万円のキャッツアイのリング(超逸品)を

こちらも たまたま来店されたお客様の指にはめてもらえた日。

品物はウルトラ最高だけど、

金額が金額なため、なかなか日の目に出なかった。

その指輪は、成約まではいかなかったが とても嬉しくなった。

この日は従業員の義父さんのご葬儀の日。

そして

おふくろの誕生日。

事は重なるものである。

昼過ぎに

1本の電話が入った。

社長の運転する車に、バイクが突っ込んできたという。

数メートル手前でバイクが転倒し、

対向車線をはみ出し、そのままぶつかってきたらしい。

店を閉め、急いで現場に向かい

警察の現場検証に立ち会った。

車もバイクもダメージはあるが

幸い、お互い大事には至らなかった。

社長もびっくりした事だろう。

この日1日で起こった出来事は まだまだあるが

こんな日はちょっとない。 ま・る・で “24”。

宝くじ、買っとけばよかった。

| | コメント (2)

ティラミス大福

新潟県はホント食べ物がウマい。

米や酒、魚、そして “ティラミス大福” (謎)

『人に教えたくない』って思えるような隠れた逸品は

それぞれみなさんお持ちだろうけど、

おいらも幾つかあって、その中の1つに

新潟市江南区亀田に店舗を構える

万平菓子舗 の“ティラミス大福” がそれである。

お世辞にも大きな店とはいえない。

が、この大福は めちゃめちゃウマい。

『ティラミス大福なんてどこも一緒』 と思うなかれ。(ゴク)

ちなみに

食前。 ( ̄ω ̄)

そして

食後。

エエエエエ┏(_△_┏ )┓≡┏ (┓ _△_)┓エエエエエエ (トリップ中)         

近くに取引先があって

土産にと頂いたのが最初の出会いで

その日から 万平菓子舗のファンになってしまった。

自社のサイトがない為、直接 来店するか、

電話orFAXでの注文(郵送可みたい)しか入手手立てはないが、

近くへ寄ることがあれば、是非立ち寄って欲しい店。

ちなみに現店主で7代目、息子さんは8代目らしい。

  万平菓子舗  新潟県新潟市江南区亀田本町4-1-48

新潟県はホント食べ物がウマい。 (≧¬≦)ノシ

| | コメント (2)

大雪の予感

朝はそれほど積雪がなかったのに

午前9時を堺に もの凄い風と雪に見舞われた。

先ほど加茂市からいらした方いわく

普段、車で30分の道のりが

有に1時間以上かかったという。 (ううう ご来店、感謝デス)

電車も大幅にダイヤが乱れ

ここにきてようやく 雪国の様相を呈(てい)してきた。

暖冬傾向とゆーたのは 一体。

20100113125118  わずか3時間でこの雪

20100113125136  暴風注意報まで出て 柱は真っ白

雪が降ると

“雪かき” という 余計な仕事が発生する。

会社の駐車場に 自宅、

そしてアパートの駐車場で朝夕、汗びっしょりになって

消雪パイフから出る水を目掛け、何度も往復する。

この重労働を妄想しただけで ウルトラげんなりする。

ふと 以前、雪下ろしツアーなるものが存在したのを思い出す。

雪のない都道府県に住む方々が、

新潟の郷土料理を食べ温泉につかり、そして雪かき体験をする。

郷土料理&温泉まではいいが、

『お金を払い雪かきをする』 なんて、考えられない。

お金はいらないので

雪かき手伝って欲しい。 ( ̄ω ̄)ノシ こちらまで~

今も外は雪が降っている。 全く止む気配がない。

この分だと、

晩と翌朝の雪かきは 避けて通れなそ。

うー 痩せてしまう。( ̄◇ ̄)がび-ん

| | コメント (0)

ワンワンの魅力

『いないいないばあ!』

毎週月曜日から金曜日

朝8時15分 ~ 8時30分の15分間、

ピタゴラスイッチ同様、

現在 NHK教育で放映している 子供向け番組である。

ひらげが ヽ( )`ε´( )ノ

“ワンワン”の魅力を事細かに書いて

 ワンワンもっと宣伝するんじゃあ ボケぇナすぅ 

とゆーので、少し紹介。

Wanwanよろしこ

オープニングで必ず

「いつも元気なワンワンで~す」

と登場するワンワン。

『いないいないばあ!』 の顔と言える存在で、

お姉さん(といっても子供)やうーたんと共に

番組を盛り上げるキャラクターの1匹である。

確かに

あのデカい風貌に似合わぬ小技の利いた変な動きや

愛嬌のある話しぶりには、目を引くものがある。 続く。

ぶぅ ヽ( )`ε´()ノ ぶぅ

( ̄ω ̄)>  御意。

ワンワンを意識して見出すと

これがなかなかいい感じで体に入ってくる。

一生懸命 ことみお姉さんへ熱視線を放つ大晴の脇で、

ワンワンを追ってるおいらは一体

その一挙一動に なぜか自分を重ねホッとしてしまう。

調べると、

1996年の番組開始の頃から フルで登場してるらしい。

設定は5歳。

好きな食べ物は、

犬なのに 納豆。

そして、

犬なのに 犬が苦手。

( ̄ω ̄)ノ□ はい、鏡。  鬼かい

ワンワンの声優さんである “チョーさん” は、

(チョーさん:アニメ 『ワンピース』 ではブルック役の声優さん)

なんと自ら着ぐるみに入り、操演する、

他の着ぐるみにはない 珍しいケースという。

ワンワンの必殺技ともいえる 両指を動物に見立てて演じる技は、

1匹2役を演じきる “” と合わせ

見た人にしかわからない衝撃を与える事だろう。

特に 『パク子さん』 の裏声は 涙を誘う。(謎)

今のお姉さんが 4代目に対し、

ワンワンはずっとチョーさん1人で張ってるところがまたすごい。

この事実を知ったあとで

『いないいないばあ!』 を鑑賞頂き、

より深い感動を得て頂けたら幸いである。

ワンワンの魅力というより

もはやチョーさんの魅力になってますけど

『ピタゴラスイッチ』 から 『いないいないばあ!』 のコンポは

まさに勝利の方程式。 ここまでしっかり見たら、

遅刻は必至である。( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

オリ

オイルヒーターが使えなくなり1週間。

デロンギは正月休みに入り

部屋はまさに北極と化していた。

備え付けの暖房は効きが悪く、床暖房にも限界がある。

絶えかね 石油ストーブを買おうとしたら

ひらげの父殿が貸してくれた。 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。キラキラ

あとは

大晴の襲撃を防ぐ為の柵(さく)と

灯油、そして灯油を入れるポリタンクを用意するだけ。

1月2日の 新春売り出しのあと、

店を閉め ひとっ走りで備品を調達。

早速 柵(さく)の組み立てに入った。

途中、

大晴が ニマニマしながら寄って来た。

毛穴から、『中に入りたい』 と書かれた空気がにじみ出ている。

そして

予想通り 「中に入れろ」 と催促してきた。

1人でよじ登ろうとするものの、断念。

へそを曲げたのか、部品を持ち逃げし 返してくれない。

仕方がないので、

大晴を まだ外枠しか出来ていない未完成の柵に入れた。

奇声を上げて喜ぶ大晴。

最初にのたまった言葉が

  『がお』

動物のオリに入った気でいる。

りんごも 柵の中へ入れてみた。

すると

狭い柵の中で、縄張り争いが始まった。

エラく気に入った様子。

りんごに跨(またが)り、勝ち誇った表情がそれを物語っている。

こうなると もう組み立て作業はできない。

柵なしでは 危なくてストーブは点けれず

またも北極の夜を体験するはめとなった。

翌日

柵は完成した。

『これるもんならかかって来なさい。』 by チャぺス(石油ストーブ)

  “ピッ”

好奇心旺盛な子供にとって

この防御網も無用の長物。

鉄壁の防壁のはずの柵に

身を乗り出し 腕を伸ばされ

あっけなくスイッチを切ってしまった。

ダメじゃん、オリ。

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます

あけまして

ありがとう おめでとうございます。

2010年 元旦。

きっと今頃は、

お酒を飲んだり

テレビの特番を見たり

初詣へ出かけたり

それぞれのお正月を満喫されてる事と思います。

おいらは 明日から2日間の初売りに備え、

しらふで準備しています。( ̄ω ̄)

なんと、70点限定で 宝飾品が7割引!!

その他、半額のコーナーも かなりの点数並ぶ予定デス。

当然ですが

“悪いものを安く” ではなく、

ビンビンに活きたメーカーの協賛商品が

信じられない価格で放出されるので、これはもう一見の価値あり。

当日限定の超目玉福袋も登場します。

2日(土) & 3日(日) の2日間、

スタッフ一同 お待ちしております。(ぺこ)

詳しくは、本日(1日)の

三条新聞朝刊広告(2面と最終面)をご覧ください。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »