« 年賀状完成 | トップページ | ピタゴラスイッチ »

ベイスターズの本気

2年連続で最下位に低迷した横浜ベイスターズは

読売ジャイアンツより尾花髙夫新監督を迎え

積極果敢にトレードやFA選手を介入し

続々と新しく入団された選手が発表されている。

ロッテマリーンズからエース清水投手、

バレンタイン監督時代、2大正捕手の1人だった橋本捕手、

台湾リーグ 『統一』 から守備に定評のある

メジャーリーグ通算39本塁打のホセ・カスティーヨ内野手、

現役大リーガー、パイレーツのブーチェック投手、

パ・リーグを制覇した日本ハムファイターズの主砲、スレッジ外野手、

さらに右も左も打てる俊足の早川外野手、

その他 中継ぎの柱として期待される坂元投手や

かつて最高勝率のタイトルを奪取した篠原投手など

10人以上の新戦力を補強。

既存の戦力やドラフトの精鋭選手と合わせ、

来期に向けての本気度が伺える。

清水投手、橋本捕手、早川外野手を出したロッテマリーンズは

かなり痛手を負ったが、

韓国代表の主砲 金内野手や現役大リーガーのマーフィー投手、

阪神から今岡選手も入団を予定しており、こちらも目が離せない。

来年の日本シリーズは

 “マリーンズ vs ベイスターズ”

夢の湾岸対決が実現しないかと、

密かに期待している今日この頃である。

|

« 年賀状完成 | トップページ | ピタゴラスイッチ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。