« 大晴と読書 | トップページ | クリスマスフェア »

団欒(だんらん)

妹の子供が、昨日で満1歳になった。

オヤジやおふくろにとって 1人目の外孫である。

木曜日、8名で集まり “かわ波” で お祝いのランチをした。

“かわ波” は、たまに利用している店で、

綺麗な店内と、丁寧な接客が特徴。

よく 2,000円のお膳を頼むが、このお膳、

初めての方は、店の風貌と重ねて

『結構なお値段の弁当』 と思うに違いない。

実際、ランチで2,000円は 結構な弁当だが。( ̄ω ̄)

いつも 子供と同席する食事は

好き勝手動き回られ、

終始 収集のつかない状態で終わる。

意外にも 今日のちびっこギャング 1号・2号はいい子だった。

子供の成長を見ると、

自分では気づきにくいが、年月の経過を思い知らされる。

目の前の 伝え歩きを眺め

やはり それだけ月日が経っている事を再実感してしまう。

しかし、

奥さんや子供と、

一緒に 年を重ねていける幸せは 何モノにも変え難い。

ちなみに この日の夕飯は、

ひらげの父殿をアパートへ招き、手作り餃子パーティをした。

長ネギやニラ、白菜をみじん切りにして、

豚ひき肉と合え、皮で包むまで 初めて全部やってみた。

途中、度重なる “ちびっこギャング1号” の襲撃に遭うが、

みんなで皮で包む作業はこの上なく楽しい。

焼くのはひらげ担当である。

大晴(別名・1号)、食べる食べる。

誕生会しかり、餃子会しかり、

人と接して過ごす 幸せを感じた休日だった。(= ̄ω ̄=

|

« 大晴と読書 | トップページ | クリスマスフェア »

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。