« めんそーれ 沖縄 ⑤ | トップページ | めんそーれ 沖縄 番外編 »

めんそーれ 沖縄 ⑥

この日は小雨混じりの天候。

5日間、沖縄料理三昧で、体重が増えてしまい、

今朝、ホテル日航のまわりを散策しようと思ったが、

いつまでたっても明るくなる気配がしない。

聞くと

沖縄は日が沈むのが遅い代わり、日が昇るのも遅いのだという。

荷物をまとめ、雨の首里城へ向かう。

20091124090406  二千円札でおなじみ

守礼の門を見る。本殿はちょうど塗り直し中だったため、

中へは入らず そのまま国際通りへ移動した。

おいらの妄想してた国際通りは、

『国際』 とゆー名前からして、高いビルが立ち並び、

片道4車線くらいのすごい道が通る忙(せわ)しいところ。

実際は、個人周りした店が多く、道も片道一車線。

20091124114630  ヤシの木が印象的

20091124104502 この通りで ほとんどの土産が手に入る

20091124104258 数え切れない程の店舗が並ぶ

名前の通り、いろいろなジャンルの店が建ち並び、

街路樹のヤシの木が 沖縄らしい。

20091124103821 塩の専門店 沖縄はもちろん世界の塩が手に入る

20091124113807 ドーナツ棒

20091124114529 泡盛の専門店

20091124112709 ゴーヤ型のベンチ

市場通りに入り、少し歩くと 鮮魚を扱うエリアに出た。

歩を緩めることなく “公設市場”(こうせついちば) と呼ばれる、

一際(ひときわ)活気に満ちた古い建物に入る。

ここは沖縄版鮮魚センターみたいなとこか。

多方向から おっちゃんの 呼びとめる声がする。

20091124115052 熱帯魚?

20091124115012 豚の顔!?

一階は鮮魚や地元食材を扱う店がところ狭しとひしめき合い、

2階は食事処が並ぶ。一見、アジア諸国に紛れ込んだかのような、

そんな勢いみたいなものを感じた。

2階の食事処を回遊し

かなり迷ったが、今回はツバメ食堂へ入った。

20091124122353  何を食べても激ウマ

20091124122449 これが たびたび登場する “こぅれいぐぅす”

ひらげいわく、

一階で吟味した魚を持ち込み、

その場で魚を調理してもらう事もできるらしい。

沖縄で最後の シークヮーサー泡盛と沖縄料理を堪能し、

再び国際通りへと戻る。

おいら用のお土産に 『ちばりよー』 Tシャツを購入し、那覇空港へ。

 ※ちばりよー: 頑張れー の意。 (T ω T) がんばるよ

総評。

6日間かけて、

観光地の王道から 地元の人しかいかない穴場スポットまで、

沢山の場所をまわり、沢山の方と出会えたが、

一番の収穫は、大晴と親子の関係を深められた事に尽きる。

普段は仕事ですれ違いが多く、

あまり一緒にいてあげることがなかった。

旅行前と後では、明らかに

大晴の おいらに対して見る目が変わったと ひらげも言う。

また一緒に旅ができたらどんなに幸せだろう。

ちなみに

今回の沖縄観光で 最多訪問回数を数えたのは、

  『かねひで』

      でした。 スーパーかい。

20091124094936  栄光の1位!!

|

« めんそーれ 沖縄 ⑤ | トップページ | めんそーれ 沖縄 番外編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。