« 11月11日 | トップページ | 沖縄上陸にあたり »

イキガミ(逝紙)

『国家繁栄維持法』

18歳から24歳までの男女から

1000分の1の割合で無作為に選び、死んでもらう法律。

小学校へ入学後、

義務的に受ける予防接種に一部、ナノカプセルが混入しており

決められた日時にそのカプセルが破裂、人を死に至らしめる。

選ばれた人間には、死からちょうど24時間前

“イキガミ” と呼ばれる通知書が送られ、

人生最後の1日、飲食・交通費 等

あらゆるサービスが無料で受けられる権利を得る。

そもそも なぜこんなイキガミの制度を作ったか。

生に対する重さを認識してもらうため。

平和ぼけした日本特有の法律である。

一部諸外国では考えられない話。

映画内では

理不尽だが 死を身近に感じる事で、

モラルの向上が顕著に見られ、犯罪件数も激減する。

イキガミを手渡された3人にスポットをあて話は進行するが

いずれも良し悪しはあるものの 人間らしい最後を遂げる。

確かに最近、『生きる』 事を軽率に考える人が多く見受けられる。

誰もが “明日もまた同じ明日が来る” そう無意識で思っているから。

ラスト1日に こんだけ賭ける意欲があるなら

長い人生、何事も出来ないことはない。

そんな、

我々へ対するメッセージも汲み取れる本編。

もしおいらに イキガミが届いたら

3人のような輝いた死を遂げる事は まず無理だけど。

人権に反した理不尽な死を強制する国家への反発 etc

賛否両論のある作品だが、

見てない方には是非、鑑賞をおススメしたい。(ティッシュBOX必至)

残された24時間、

あなたなら 誰と会い、何をしますか?

|

« 11月11日 | トップページ | 沖縄上陸にあたり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。