« 人生にとって大事な幾つかの数字 | トップページ | 存在意義 »

不安と期待

第45回 衆議院選挙を終え、

新政権の閣僚・党役員人事の本格的な検討に入った。

各党とも政策論法は違うが

国をよくしたい、生活を守りたいという心は一緒だと思う。

与党、野党が一団となり

この不安定な情勢に 断固立ち向かってもらいたい。

正直、

『変わらなくていいものなら 今のままがいい』 という

日本人にありがちな気質上、

変化に対する期待と不安が交差しているのが実状だと思う。

そんな中で

株価は現実を見据え、直に反映している。

民主党の公約の1つに まず

  『国民の生活を守る』  というのがある。

子供手当ての支給が育児用品の購入の後押しになるのでは?

という見方から、先日 ベビー用品を扱う会社の株価が急騰した。

学習塾関連の銘柄も 上昇したと聞く。

一方で、

高速道路の無料化が実現した場合、

JRや空運の利用者が減るのでは?という懸念があり、

こちらは様子見の状態らしい。

先を見越すことは悪いことではないが、

それによって

本来の実力以上に評価された

新体制がらみの 企業関連株が買われる恐れもある。

この敏感な反応も

変化に対する期待と不安の表れ、

手探りの裏づけともいえる。

議席が300を超え

民主党の大躍進という結果に終わったが

政権交代がいいか悪いかは まだわからない。 しかし

少しでも早く 体制を整え、国民に即返る政治を期待したい。

|

« 人生にとって大事な幾つかの数字 | トップページ | 存在意義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに、両方だよね。
あまり期待しすぎるのも駄目だし、不安抱いてばかりでも駄目だし。 ただ今までずーっと同じ党が政権を担ってたというのも不自然だから良いと思う。
そうじゃないと議員さんも慢心しすぎちゃって、真剣に国の事を考えなくなるし。政権与党末期のどこかの党は党利党略ばかりで、本当に国民、国の事考えてるのかなって思うところがたくさんあったから。
ではでは。

投稿: YUKIO.K | 2009年9月 1日 (火) 10時02分

いいと思う事は
チャレンジャー精神で
失敗を恐れずどんどんやってもらいたいね。
もし失敗しても、
それを補えるくらいの運動量で動き回って。
量は質を超えるノダ。( ̄ω ̄)

投稿: らおう | 2009年9月 1日 (火) 14時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« 人生にとって大事な幾つかの数字 | トップページ | 存在意義 »