« 1日1覧 | トップページ | 文明の利器 »

マスク

大晴が風邪を引いた。

連休中 ほとんど外出してないし

巷で流行ってるインフルエンザでないと思うが。

しかし、用心のため 病院へ行くことにした。

おいらは仕事なので ひらげが引率。

逆に 強力な風邪菌をもらうの嫌なので

『ドラッグストアあおき』 でマスクを購入する。

マスクが置いてあるはずの棚は ぽっかりとスペースが空き

お徳用の 使い捨てマスクは売り切れ状態。

風邪の蔓延を 直で感じる瞬間だった。

値段はまちまちだが、

今のマスクの多機能さにはホント驚いてしまう。

ウイルスを99%遮断するのは当たり前で、

鼻の隙間からウイルスの侵入を防ぐために

弾力性のある素材で鼻を包み込むタイプ。

さらには保湿性を保つため

濡れたシートを差し込むモノまである。

少し高いが、

3つで498円の立体的なマスクを購入した。

鼻を弾力性のある素材で包むタイプである。

マスクをひらげに渡し、おいらは会社へ急ぐ。

仕事を終えて帰宅すると、

玄関先でひらげがのたまった。

ひらげ 「あのマスク着けて病院行ってきたよ~」

( ̄ω ̄) スゴい混んでたっしょ

ひらげ 「うん。 道は路駐の嵐だったよ。」

( ̄ω ̄) そっかー

待合室で かなり待たされたらしい。

連休は開いてる病院が限られるため、

どうしても患者が集中してしまう。

言葉を代えると 菌の巣窟である。

( ̄ω ̄) じゃあ~ 新型マスクの効果、絶大だったね

ひらげ 「それがさ~」

( ̄ω ̄) ?

ひらげ 「ずっと表裏を逆に着けてて、

      病院を出る頃 気づいたよ」

( ̄ω ̄) ??

ひらげは のたまいながら

その時の状況を 実際のマスクを使って実演した。

菌の侵入を防ぐ為の突起物が、見事に飛び出ている。

まるで漫画だ。

ひらげ 「もう恥ずかしくて恥ずかしくて」

( ̄ω ̄) 保菌者めー

ひらげ 「先生もなんにも言わないんだよぅ」

( ̄ω ̄) (・・・・)

  言えないんだと思う

せっかくの多機能マスク、

  まったく意味なし。

幸い

大晴の診断はただの風邪だった。

& 強い風邪菌ももらわなくてよかった。( ̄ω ̄)

|

« 1日1覧 | トップページ | 文明の利器 »

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。