« いってらっしゃい | トップページ | 綾瀬はるか »

熱闘

夏の高校野球

あすの第2試合、午前11時から

新潟県代表の日本文理高校が 甲子園で再登場する。

初戦、香川県代表の藤井学園寒川高校を 4-3 で下し、

石川県代表 日本航空石川高校と相対する。( ̄ω ̄) 強そうだべ

新潟県の予選では、

強力打線が爆発して

決勝    日本文理 12 - 4 中越

準決勝   日本文理 10 - 0 新潟県央工業 (TωT)地元勢

準々決勝 日本文理 10 - 0 高田農業

4回戦   日本文理 8 - 1 佐渡総合

3回戦   日本文理 7 - 0 長岡向陵

2回戦   日本文理 11 - 0 新潟東

   ※ 1回戦はシードのためなし。

と、

圧倒的な破壊力で勝ち抜いてきたが、

チーム結成当初は 貧打に苦しんだという。

監督が手がけたユニークな手法の1つに、

ピッチャーの立ち位置の移動が挙げられる。

普段 ピッチャーが投げる位置よりも 2メートルも前に設定し

打撃練習を行った結果、

どんなタイプのピッチャーにも対応出来るようになったらしい。

普通の事をしていても

みんなと同じ結果に終わるだけ。

人と違ったことをやって

初めて他との差がついてくる。

まさにその教訓を実際に見せてくれたのが

日本文理高校の選手達だと思う。

これからさらなる強豪高との連戦が続くが

持っている力をすべて出し切れさえすれば

自ずと結果がついてくると信じている。

勝敗に関わらず 気持ちのいい戦いを期待してまっす。( ̄ω ̄)

|

« いってらっしゃい | トップページ | 綾瀬はるか »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。