« 巨木 and 蚊 | トップページ | 自転車の法律 »

雄大な立山・能登紀行

25日(木曜日) 26日(金曜日)

取引先の30周年の旅行へ招待された。

雪の大谷や輪島の朝市、巌門etc 能登立山を満喫する旅。

1泊目の晩、

同室のメンバーを含め

6人で3時までいろんな話をした。

「そろそろ寝ようか、らおう君。」

( ̄ω ̄)はい

電気を消してわずか3分。

「ごごごご」

「がががががが」

「ぐぐぐぐぐ」

( ̄ω ̄)寝遅れた

いびきの猛威に

布団をかぶっても

防御網を突破され、容赦なく鼓膜に届く。

中でお一人、

他の方々とは明らかに別次元のいびきをかいてる方がいる。

 「がるるるるぅ

     ぐぉるるるるぅ」

誰だ?

サバンナで

肉食獣がシマウマを食ってるような、そんなうなり声に似ている。

普通のいびきなら 即パターンを覚えて適応し、

眠ることもできるが、この音は予測不可能。

強烈に耳に残り、より頭が働いてしまう。 ますます寝れない。

むなしく時間は過ぎ、

寝たと思ったら、

「らおう君、風呂行こうぜ」

( ̄ω ̄)(・・・・)

翌朝、みなさんに話をすると

「そりゃ寝遅れたのが敗因だな」

「ゲラゲラゲラ」

「ゲラゲラゲラ」

「バスで野獣の主がわかるんじゃね?」

一蹴された。 おしまい。

雄大な能登はどこへ・・

|

« 巨木 and 蚊 | トップページ | 自転車の法律 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。